政策
1. 信頼をとり戻す!
日野市の区画整理事業の水増し請求事件は、元副市長など3名が逮捕される前代未聞の事態になっています。 今回の一連の問題の根本的な原因は、日野市役所内の特別な空気です。

市も元副市長への「特別な配慮があった」ことを認めており、抜本的な改革、刷新が必要です。

teigensho
大坪市長に提言書を提出2021年2月25日

信頼をとり戻すための提案

菅原直志都議と森久保なつきは、日野市長に対して次の3点を提言書にまとめ提出しました
  1. 市の幹部に新しい発想と解決力を持つ人材を登用すること(副市長の公募など)
  2. 監査体制を刷新すること(2名の監査に弁護士なども加える)
  3. 失った市政への信頼を取り戻す。市民とのコミュニケーションを抜本的に拡充する。
声を聴く…………… 新しい仕組みデシディムの導入など
発信する…………… HP・ツイッターを抜本的拡充
仕事の質を変える… デジタル化を爆速で進める。
2. 感染症に強い社会をつくろう!
1
with コロナ
コロナが存在する前提で生きていく

新型コロナウィルス感染症は、私たちの社会を 大きく変えました。経済・働き方・地域活動・ 子ども達の学び・子育て・シルバー世代の生き 方など、全てに影響しています。そして、社会 的弱者にしわ寄せが向かっています。反面、 日本人の衛生的な生活、自律した生活は国際的 にも評価されています。東京は、国際金融都市 として新しい存在感を示しつつあります。

まずは、ワクチン接種を確実に進めましょう

傷ついた経済、特に中小企業や飲食店のサポー トが必要です。貧困問題や虐待の増加は、家 計への強い支えが必要です。テレワークなどの 働き方改革も動き出しました。

corona_virus
2
コロナ後遺症
コロナ回復者に電話で伺いました
国立国際医療研究センターの調査で「コロナ後遺症は高齢者も若者も残る」ことがわかって きました。この調査は、2020 年2月~6月に退院した回復者に対し、電話での聞き取りをした ものです。全体として 76%の患者に後遺症がありました。若者でも後遺症が認められます。 中には、

4 カ月たっても後遺症に悩まされている事例があります。 ●匂いを感じない ●だるい ●脱毛

などが続くのがコロナの特徴と言えます。 後遺症は原因が不明で、確立した治療法がありません。

出典:東京都 iCDC https://note.com/tokyo_icdc
年齢 患者数 後遺症あり 割合
20 才未満 2 人 0 人 0%
20 才代 12 人 9 人 75%
30 才代 6 人 5 人 83%
40 才代 15 人 10 人 67%
50 才代 10 人 9 人 90%
60 才代 8 人 7 人 88%
70 才代以上 10 人 8 人 80%
合計 63 人 48 人 76%
3
ワクチン接種
コロナワクチン接種と「抗体」の関係

「抗体」とは、コロナと闘うタンパク質のこと。抗体は、コロナウィルスの侵入から身体を守って くれます。

東京都は、昨年 9 月~ 12月に 14,000人を対象に抗体の調査をしました。 結果、12月時点で 50人に 1人が抗体を持っていることがわかり、9 月と12 月の比較では、 抗体を持つ人の割合が増えていることもわかりました。

vaccine_sticker

今、全国でコロナワクチン接種が 行われていますが、それは、皆さんの体内に「抗体」を作るためです。

出典:東京都 iCDC https://note.com/tokyo_icdc/n/n4d3deba548ab
9月 10月 11月 12月 全期間
全体数 3,837人 4,006人 3,438人 2,815人 14,096人
陽性率 1.15% 1.2% 1.82% 1.8%
vaccine_sticker

ワクチン接種の状況は毎日変化しています。 日野市のホームページなどから 最新情報をご確認ください。

新型コロナウイルスワクチンの接種について

4
コロナ失業者
コロナ禍で生活と雇用を守るために

●主要国のコロナ感染者数(3月1 日現在)

teigensho

●都内の失業者29万人(前年より約10万人増)

teigensho

●東京都の自殺者が増えている。

teigensho

雇用対策 : 「働くこと」を守る !

東京都は、2 万人を超える雇用対策を進めて います。東京しごとセンター、都立職業能力 開発センターなどを通じての職業訓練で 1 万 7 千人。就職氷河期世代のトライアル就職の 拡充で 5 千人。民間教育訓練機関と連携した 職業訓練で 1 千人。IT関係、環境関係の投資 を進めて、雇用を守る。

森久保 夏樹は市民の声に耳を傾けています!
3. 新しい社会を一緒につくろう!
キャッシュレス先進市を目指そう!
税金や住民票・納税照明・会議室の使用料などをキャッシュレスで! 既に、多くの自治体でスタートしています。脱ハンコも進めましょう!
【電子決済を目指す自治体】
習志野市 住民票ほか・各種証明書・施設使用料
菊川市 市税納付にPayPay、LINEPay導入検討中
倉敷市 市民税・固資税がキャッシュレス
テレワークの受け皿を確保しよう!
都内企業(30人以上)のテレワーク導入率は57% (2021.1月)。日野市内でのテレワーク対策が必要です。 レンタルオフィスなどを整備しましょう。中間人口が 増えるので、テイクアウトランチの需要も増えます。
【テレワーク導入率】(東京都調べ)
がんに負けない。がんと共に生きる日野市
日野市は多摩地域で最初にがん対策条例を制定した 先進自治体です。患者会もあります。 医師である父の背中を見てきた森久保なつきは がん対策をさらにすすめます。
【これから進める日野市のがん対策】
がん検診の拡充/がんと就労対策/がん教育/AYA世代のがん対策/緩和ケア/在宅療養/看取り
AYA世代…Adolescent and Young Adult (思春期・若年成人)の頭文字をとったもので、 主に、思春期(15歳~)から30歳代までの世代を指しています。
子どもの貧困
日野市は「子どもの貧困方針(2017年)」を策定した 先進自治体。「コロナ禍で今後5年間は子どもの貧困悪化 (ユニセフ報告書)」と言われます。虐待やいじめから 子どもを守り、学びを保障する市をつくりましょう!
【必要な施策】
子ども宅食・子ども包括支援センターの開設・オンライン 学習の全展開・インクルーシブ教育・不登校対策・子育 て家庭の生活全般支援・産後うつ対策
高齢者のいのちと生活を守る
コロナ禍で、高齢者のいのちと生活が危機です。 軽い運動を進め、心と体力を保つ政策が必要です。 市のスマホ教室を増やして、スマホを使える高齢者が 増えることは、災害時にも安心です。
【高齢者の生活を豊かにする】
高齢者施設の感染対策を進める/スマホ教室増加/ 自宅でできるオンラインでの簡単体操/ 肺炎球菌ワクチンの補助
フレイル予防…高齢者が、身体の働きが弱くなり、手助けや介護が必要な状態。
違いをチカラに、多様性が大切
「みんな同じ」という価値は大事です。一方、これからは 「みんな違う」という価値に注目が集まります。誰もが ありのままで参加できる社会をつくりましょう。多様性を 尊重する社会には、しなやかな強さが宿ります。
【新しい仕組みをつくろう!】
パートナーシップ条例/手話言語条例/多胎児支援/ 多文化共生社会/インクルーシブ公園
インクルーシブ…障がいや体の弱い子どもたちが、健常な子どもたちとみんな一緒に 学んだり、遊んだりできる環境。
政策 チラシ PDF
MD5 56ba9e59bc363923197af5a3211ce97e
SHA1 8a3016479e7f0fb7dc5afa3aa1032d7e8102988d
SHA256 e9d8345b6f539a2ff3c986e160ff2146456893d73b4d910ebb2454247021cb8b
keyboard_arrow_up